工場にも種類は豊富!試験研究の工場の仕事とは?


試験研究の工場では研究職が中心

工場というと製品の生産現場というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、実際には様々な種類の工場が存在しています。生産をしていない工場として典型的で、全国各地に林立しているのが試験研究の工場です。試験研究の工場は本格的な生産をする前の試験製造をする現場として利用されていることもあれば、基礎研究をするための施設として運用されていることもあります。現場で働いている人のほとんどは研究職で、知識と技術を持っている研究員と、その指示を受けて働く研究補助職で構成されているのが一般的です。研究に興味を持っている人や経験がある人にとって、試験研究の工場は魅力的な職場と考えられるでしょう。

作業職の募集も豊富にある

研究補助職とは別に作業職の募集も試験研究の工場ではよく募集されています。求人としては研究補助職よりもさらに経験や知識、技術などを求められないのが作業職の特徴です。正社員での募集もありますが、どちらかというとパートや派遣社員での募集が多いのも特色でしょう。例えば、研究で使用したガラス器具などの洗浄をしたり、研究施設の清掃をしたりするのが作業職です。他にも現場によって任せられる作業は異なりますが、基本的にマニュアルがあるので誰でも気軽に取り組めます。試験研究の工場では和気あいあいとした雰囲気のところが多いので、わからないところがあっても聞きやすいのもメリットでしょう。工場の求人を探すときには試験研究の工場も候補として検討してみましょう。

福岡の工場の求人は、太平洋ベルトの一部である北九州工業地域に多く、この場所を狙うとより良い選択ができるでしょう。