外資系転職で後悔しないためにはどんな対策が必要?


自分自身のキャリアや資格を生かせる職種を選択しよう

収入面や職場環境などに魅力を感じて外資系転職を志す人は年々増加していますが、新しい職場でしっかりと力を発揮するには、自分自身のキャリアや資格を生かせる職種を選択することがとても重要となります。たとえば、ITや機械、医療などの専門職については、日本企業の実務経験がそのまま役立つこともあり、30代から40代の転職希望者の間で人気の職種として捉えられるようになっています。一方、事務や営業、総務などの必ずしも特別な資格や高度なスキルが求められない職種については、中途採用試験の受験者が多くなる傾向があります。そのため、時間をかけて志望企業の公式サイトや中途採用試験の案内に目を通して、自分に向いている職種について把握することがおすすめです。

海外勤務を希望する場合は早めに語学のスキルを磨こう

外資系企業に転職をしてから海外勤務を経験したい人は、外国人の顧客や同じ職場の社員と流暢にコミュニケーションが取れるよう、職種にかかわらず早めに語学のスキルを磨くことが大切です。特に、交渉力が必要とされる営業職などでバリバリ活躍したい場合には、高度なビジネス英語のスキルが必要となることがあります。そこで、在職中から中途採用試験に備えて英会話スクールに通ったり、ネイティブの外国人講師のマンツーマンレッスンを受けたりするのも良いでしょう。また、英語に関する検定試験でハイスコアを取得した人については、書類選考や面接の際にプラスに評価されることもあり、将来を見据えて社会的に高く評価されている検定についてよく調べることも大事です。

外資系求人の多くは、求職者に対して語学能力を求めています。また、高い語学力に加えて専門的な知識やスキルを身につけたり、企業のニーズに合わせた資格を取得しておく必要があります。