もっと知りたい!保育士の仕事内容と魅力について


子供たちの健康管理と社会性を伸ばすお手伝い

保育士の仕事というのは、子供を預かることが中心だと捉えがちですが、実はもっと大切な役割があります。それは、子どもたちの健康を管理し、集団生活の中で社会性を伸ばすお手伝いをすることにあります。未就学児童にとって、保育園での生活は初めての集団生活となります。集団生活の中で手洗いうがいを始めとする健康を管理する方法を覚えたり、お友達と仲良くしたり、そして挨拶を身に付けたりします。それをサポートするのが、保育士の仕事です。

実は大変だった!行事の準備

保育園では、年間を通じて四季折々の行事があります。子どもたちだけでなく、時には父兄も参加して楽しい時間を過ごす大切なイベントです。そのイベントの準備をするのは、他でもない保育士の役割です。子供や父兄が楽しく参加できるように工夫をしたり、子どもたちに喜んでもらえるよう、イベントが近くなると保育士は慌ただしくなります。そのため、イベントの前は準備で忙しく、残業をしたり、仕事を持ち帰ることもあります。

保育士の仕事にはこんな魅力が!

子供と接することが好きなだけではやっていけない大変な仕事ですが、保育士の仕事には子供の成長に関わるという尊い仕事でもあります。乳児から年長さんの子供というのは、日々成長していて、その成長ぶりに驚かされることも多いといいます。子供の大切な時期を近くで見守りながら、時に手を差し伸べる保育士の仕事は、やりがいや喜びを感じられるといいます。また、子供と接しながら、自分自身が教えられたり、学んだりすることも多く、自身の成長にも繋がります。

保育士不足が問題となる中、正社員だけでなく、パートや派遣など働き方が多様化しています。保育士の派遣を大阪で探すなら、職場の雰囲気や人間関係を掴むためにも、いくつか事前に見学すると良いでしょう。