より良い待遇で役員運転手として働くためには何が大切?


仕事以外でも無事故無違反を心がけよう

役員運転手は、勤務先にもよりますが給料や福利厚生などあらゆる点で優遇される傾向があり、仕事の責任は重いものの、やりがいを感じながら働けるといったメリットがあります。役員運転手の採用条件は企業ごとに異なりますが、取締役をはじめとした重役の運転手を担当する場合は、過去の事故歴や違反歴などが厳しくチェックされるケースが多くあります。そのため、近い将来に役員運転手として就職をしたい人は、運転技術を磨くのはもちろんのこと、仕事以外でも無事故無違反を心がけて生活を送ることが肝心です。なお、会社によっては、役員運転手に求められる条件について、コーポレートサイトの求人募集のページなどに掲載しているところもあるため、採用試験を受ける前にしっかりと目を通しておくと良いでしょう。

運転手の内定率が高い派遣会社にお世話になろう

役員運転手の仕事に関心がある時には、運転手の内定率が高い派遣会社にサポートをお願いして、自分の運転歴や社会経験などに見合った職場を直接紹介してもらうことがおすすめです。大手の派遣会社の中には、役員運転手の仕事を希望する求職者を対象に適性検査やビジネスマナー研修などを実施しているところもあり、過去に派遣の運転手として働いたことがない人も、自信を持って職場探しができる環境が整っています。また、役員運転手の労働条件の良し悪しについては、派遣先の企業の業種や経営状態などにも大きく左右されます。そこで、派遣会社の担当者にアドバイスをもらって、妥協をせずに勤務先の候補を決めることが大事です。

運転手の派遣は最短1日~長期まで、顧客のニーズに合わせて利用することができます。人員不足のときや、バスやハイヤー等の専門の運転技術を有したドライバーが必要なときに最適な人材が確保できます。