秘書って大変そう?自分の都合に合わせた働き方はある!


気遣いが大事!秘書の仕事とは?

秘書の仕事は、上司が仕事をしやすい環境を作ること。メインとなる業務は上司のスケジュール管理です。予定をスケジュールに埋める作業というわけではありません。日程を調整するために、上司の仕事に関係する人たちと交渉することもあります。突発的な予定が入ることもあるので、そのたびに日程調整を行います。上司が出張するときには、飛行機や新幹線のチケットを手配したり、ホテルの予約をしたりします。上司の代わりにメールの返信をしたり、書類を作成したりするのでパソコンを使った作業は多いです。取引先に弔慰状を送ることもあるので、冠婚葬祭のマナーを身につける必要があります。その他には、来客へのお茶出しや、上司が取引先へ訪問するときのための手土産を買うこともあります。

秘書として働くなら派遣社員がいい!

社員で働く秘書は、突発的なトラブルがあると勤務時間外や休日だとしても対応しなくてはいけません。仕事とプライベートの両立が難しいのです。仕事とプライベートを両立したいのであれば、派遣社員として働くのが良いです。派遣社員は就業条件や業務範囲が契約で決まっています。「残業をしたくない」「短い時間で働きたい」といった希望がある場合、派遣会社に自分の希望をあらかじめ伝えて、条件にあう会社を紹介してもらうことができます。秘書の仕事に興味があるけど、経験がないという理由で紹介してもらえない人がいるのではないでしょうか。「未経験者でも可」という場合が多い秘書のアシスタントという仕事があります。派遣会社から紹介されたら、チャレンジしてみましょう。次の派遣先を探すときに、秘書のアシスタントとして働いた仕事の経験が役に立ちます。

秘書の派遣社員は、スケジュール管理、来客対応、資料の作成など、仕事が多岐に渡っていて大変ですが、ビジネスのスキルが身に付き、やりがいのある仕事です。