なかなか良い物件が見つからない!困っているときはマンスリーマンションで解決


短期利用に最適なマンスリーマンション

高校を卒業した後、大学や短期大学、専門学校へ進学するために、実家を離れて違う地域へ引越しして初めて一人暮らしを始めるという人は多いことでしょう。しかし、4月に新生活を始めようと賃貸物件を探しても、同じように就職や入学のために新住居を探す人も多くなります。進学先の合格発表後に探しても、3月頃には部屋数も減っていて、良い物件が見つからないという悩みも出てくることも。そんなときに頼れる物件が短期契約スタイルのマンスリーマンションです。賃貸物件は基本的に2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月から3ヶ月ごとの短期契約の更新になります。良い物件が見つかるまでの仮住まいとして住めますし、そのまま自分の利用したい期間まで住み続けることも可能です。学校に通っている期間だけと、住む期間があらかじめ決まっている人は、始めから賃貸物件ではなく、マンスリーマンションを選ぶ人もいます。

初期費用を節約できるマンスリーマンション

良い賃貸物件が見つかるまでの仮住まいにすると言っても、マンスリーマンションから、また他の物件へ引越しするとなると、引越し費用や敷金・礼金などの新たな費用がかかってしまうと思う人も少なくないでしょう。しかし、マンスリーマンションには、日常生活には欠かせない家電や家具が付いていることが多く、カバン一つで入居できるというメリットがあります。また、賃貸物件とは違い、敷金や礼金、手数料などが無料というところは多いので、初期費用が節約できるところが魅力です。

マンスリーマンションは、1ヶ月単位で借りることができる短期間の居住が前提の賃貸マンションのことです。敷金や礼金が不要で初期費用が安く済み、家具や家電も備え付けですぐに生活を始めることができます。